頭痛をどうやって治して行くのか?


背骨は24個あります。
その上に頭蓋骨の一部である後頭骨があります。
下には骨盤があります。
 

この中で私が一番重要視しているのが
後頭骨から頚椎2番(首の上から2番目の骨)です。

神経で言うと、その辺りにある

脳神経、迷走神経、後頭神経郡
C1神経(後頭骨の下から出ている神経)
C2(頚椎1番の下から出ている神経)
C3(頚椎2番の下から出ている神経)

の各神経です。
 

筋肉で言うと

小後頭直筋
大後頭直筋
上頭斜筋
下頭斜筋
僧帽筋
胸鎖乳突筋
頭板状筋
頭半キョク筋
肩甲挙筋
菱形筋

です。
 

血管で言うと

椎骨動脈
後頭動脈
後頭静脈

です。
 

これらをメインに調整することを考えながら行います。

先述のところがメインになりますが
それらを調整するには
まずは足元から確認します。

なぜなら、人は立って歩きます。

その際に、足の関節が硬ければ
その上の膝、股関節、 骨盤、背骨に
影響を与えるからです。
頭痛の一番の問題は首のゆがみですが
首のゆがみを治して行くには
必要に応じて足から首まで矯正を行う必要があります。

もちろん、骨盤も矯正を行います。
 

体は一つです。
骨盤だけでもダメ。
首だけでもダメなんです。
 

初回の流れ

1、問診を行います。
・どこがどのように痛いのか?
・週に何回ぐらい痛いのか?
・頭痛外来などには通っているのか?
・今までどんな検査をしたのか?
・今までどんな薬を飲んでいるか?期間は?
・仕事や学校を休む事はあるか?
・その他、頭痛以外の症状はあるか?

2、神経圧迫測定器ナーボスコープにて
首から骨盤まで骨がゆがみ
神経を圧迫している所を探します。

3、仰向けに寝てもらい、脚の長さを確認します。
次に足先の硬さを確認し、問題と思われる場合には
足の指一本一本から調整を始めます。
 

4、脚全体の筋肉・関節の硬さを確認し調整します。

5、インナーマッスルの硬さを確認し調整します。

6、肩~首の筋肉・関節の硬さを確認します。

7、矯正ベッドに寝てもらい、再度脚の長さを確認します。
次に、足の裏を触って土踏まずやその他の歪みを認し調整します。
その後、アキレス腱、ふくらはぎ、膝裏、太ももの裏側
臀部の筋肉・関節の硬さを確認し調整します。
 

8、神経圧迫検査を基に、筋肉と骨格の状態を確認しながら
骨盤~後頭骨まで正確に矯正します。

9、施術後の注意事項、レントゲンの紹介状
早く良くなるための秘訣、などの資料と説明をします。

10、終了。
 

2回目以降の流れ

1、提携医院にて撮影して頂いたレントゲンを元に
現在のあなたのお体の状態を詳しく説明します。
そして、どのように治して行くかの説明をさせて頂きます。

2、前回から今回までのお体の状態をお伺いします。

3、「初回の流れ」の2番~8番の流れを
レントゲンで確認しながら施術します。

4、レントゲンを元に、普段気をつけること
姿勢のアドバイスを行います。

5、終了。
 

前記の施術を行うとどうなるのか?

・毎日頭痛薬を飲んでいる
・週に2~3回は頭痛薬を飲んでいる
・頭痛薬を飲んでも効かない
・頭痛が怖くて外出出来ない
・頭が痛くて、仕事や学校を休む事がある
・頭痛外来や脳神経外科にも通ってるけど治らない
・頭痛薬を飲むほどではないけれどすっきりしない

などで悩んでいたのに・・・

あなたの頭痛が無くなり、
晴れ晴れとした生活が送れるようになれます!

 

「頭痛の原因は首のゆがみだった」 目次
 

大阪頭痛専門整体&カイロプラクティック

大阪の頭痛専門外来、脳神経外科、神経内科でも治らない
頭痛を治すスペシャリスト

頭痛ゴッドハンドセラピスト協会 代表
総合整体サロン ブリス 院長

竹谷茂隆



上半身の不調 下半身の不調 その他 連絡先 ※ここをタップすると電話をかけられます!
大阪市守口市のブリス >  片頭痛(偏頭痛) > 頭痛をどうやって治して行くのか?