胸郭出口症候群


胸郭出口症候群の症状とは?

肩や腕が重だるく感じたり、手にしびれを感じた
しませんか?

左胸や右胸(胸から肩へ掛けての鎖骨の下)辺りに痛みや
圧迫感
を感じていませんか?
 
胸郭出口症候群

もしかしたら、レントゲンを撮影して病院で頸椎ヘルニア
と言われた
かもしれません。

しかしながら、胸の辺りの鎖骨下にも痛みや圧迫感があり
肩や腕、手にしびれや重だるい感じがあれば
胸郭出口症候群かもしれません。
 

これは当院で本当に多い話しなのですが、鎖骨下の痛みを
訴えているにもかかわらず、病院では頸椎ヘルニアと決め
つけてリハビリを行う事により改善しないことが多いです。

 

また、胸郭出口症候群と頸椎ヘルニアの併発も、当院で
実際にありました。

もちろん、その方も改善しましたので、ご安心ください。

胸郭出口症候群と頸椎ヘルニアの併発された方の臨床例:
頚椎ヘルニアのレーザー手術後に再発した大阪・羽曳野市の方

胸郭出口症候群とは?

ここでは簡潔に説明させて頂きます。

脳から背骨の中を通っている脊髄神経と言う中枢神経が
あります。
 
神経

その背骨の中の首の骨の横から出て、鎖骨と肋骨の間を
通り、指先まで続く神経があります。

その神経が、鎖骨と肋骨の間で圧迫されると胸の圧迫感
や痛みが発生し、腕が重だるく感じたり、手のしびれが
出たりします。

その状態を胸郭出口症候群と言います。

胸郭出口症候群の原因

なで肩など、色々と言われていますが、当院での印象は
普段の生活の姿勢が大きいと感じています。

仕事の姿勢、テレビを見る姿勢、本やスマホを見る姿勢
寝るときの姿勢、これらが大きな原因と考えています。

ですので、知らず知らずのうちに胸郭出口症候群になっ
ていて、症状として現れることになります。
 
胸郭出口症候群の原因

こんなことしていませんか?

胸郭出口症候群の検査方法

「手がしびれる」とのことで、病院ではMRI、エコー
レントゲンなどがメインです。

このため、頸椎ヘルニアと誤診されることが多いです。

まれに、徒手検査も行われます。

病院での胸郭出口症候群の治療法

基本的には、投薬とシップになります。

まれに、首のけん引や電器治療などが行われます。

それでも治らない場合や、症状がひどい人は手術も検討
されます。

胸郭出口症候群で手術と言われた人は、早まらずに
当院の整体&カイロプラクティックを受けてからでも
遅く無いですよ!

当院での胸郭出口症候群の治療法

先ずは、実際に胸郭出口症候群の可能性を検査します。

とはいえ、左胸や右胸の鎖骨下に圧迫感や痛みが発生し
腕が重だるく感じたり、手のしびれが出ていたら、ほぼ
間違いありませんが。
 
この辺り
赤丸の辺りに痛みや圧迫感が出ます。

そして、当院の整体&カイロプラクティックの基本施術
である、足から首まで全体的に調整します。

次に、痛みがあったり、手が痺れている側の指先~前腕
上腕を調整調整します。

そして、鎖骨と肩関節を調整します。
 

また、場合によっては、首の前の筋肉を緩める調整も行い
ます。

これらを繰り返し調整することにより、胸郭出口症候群の
各症状は無くなります。
 
胸郭出口症候群 大阪 病院

胸郭出口症候群の通院ペースと通院期間

症状の強さにより、週に1~2回通って下さい。

完全に症状が無くなるまで、3ヶ月を一つの目安にして
ください。
 

その後、2週間に一度、月に一度と通院ペースを伸ばして
行きながら、症状の再発が無いかをみて行きます。

再発が無いようでしたら、次にメンテナンス通院をお薦め
しています。
 

これは、胸郭出口症候群になった原因は、これまでの生活
スタイルにあるからです。

ですから、今後も胸郭出口症候群が再発しないようにお体の
メンテナンスをお薦めしています。
 
検査

参考ページ
胸郭出口症候群で、病院で「仕事を辞めたら治る」と言われた寝屋川市の女性の臨床

手のしびれのページ
 
胸郭出口症候群 大阪府 病院
胸郭出口症候群 大阪市
胸郭出口症候群 大阪市 病院

頭痛ゴッドセラピスト協会 代表
総合整体サロン ブリス 院長
竹谷茂隆

胸郭出口症候群で名医、手術、病院、整骨院、整体、カイロプラクティックに
通っても治らない大阪府、大阪市、門真市、寝屋川市、大東市、交野市
堺市、高槻市、吹田市、交野市、枚方市、羽曳野市にお住まいの方は、
今すぐお電話ください!

京阪本線守口市駅前
京阪百貨店前、ホテルアゴーラと守口市民体育館の間のビル
テルプラザ(西友)2階

大阪府守口市の整体&カイロプラクティック
総合整体サロン ブリス

営業時間
平日:9:00~19:00
土・日:9:00~17:00
定休日:水曜日

完全予約制ですので
2日前までにお電話にてご予約ください
06-6992-1115



上半身の不調 下半身の不調 その他 連絡先 ※ここをタップすると電話をかけられます!
大阪市守口市のブリス >  手のシビレ > 胸郭出口症候群