頭痛の時に吐き気がする


頭痛が起こると、吐き気や嘔吐することも

それは、特に片頭痛の時に多いです。また、緊張型頭痛の時には、吐き気や
嘔吐は無いと言われています。

 

先ず、緊張型頭痛際には吐き気や嘔吐が無いと各専門書では書かれていますが、
実際にはどうでしょうか?

 

私は、緊張型頭痛の際にも、吐き気や嘔吐が生じることがあると考えています。

 

それは、「肩こりや首こりがひどくなると、吐き気や嘔吐する人達がいるから」
です。

 

緊張型頭痛は、その名の通り、首こりや肩こりなどの筋肉が緊張することにより、
起こる頭痛のことです。

 

ならば、緊張型頭痛の際にも、吐き気や嘔吐があっても不思議ではありません

 

では、片頭痛の時に吐き気や嘔吐を生じることはあるのでしょうか?

 

これは、専門書にも書かれていますが、実際に多いです。

 

ただし、片頭痛のときに必ず起こるものではありませんし、同じ人でも片頭痛
のときに吐き気や嘔吐が起きる時もあれば、起きないときもあります。

 

そして、今回のメインはここからです。
では、なぜ頭痛のときに吐き気や嘔吐が起きるのでしょうか?

 

専門書では、片頭痛の際に吐き気や嘔吐が起きることがある。その為の、治療
方法(薬の選択方法)などが書かれています。しかし、なぜ頭痛のときに吐き
気や嘔吐が生じるのかは全く書かれていません。たぶん・・・。

 

先日読んだ「頭痛薬が効かない頭痛になったとき読む本」著者 寺本 純先生
は、このように書かれていました。

 

悪心や嘔吐の原因は、片頭痛の発作中に胃腸の蠕動運動に乱れが出ることで
す。一般に片頭痛の最中には逆蠕動が起こりやすいのです。」

 

では、胃腸の蠕動運動とは?
逆蠕動運動とは?
なぜ片頭痛の最中には逆蠕動が起こりやすい?

 

胃腸の蠕動運動とは、食べ物を口から入れ、食道を通り、胃から腸へ食べた
ものが運ばれます。これが、胃腸の蠕動運動です。

 

そして、片頭痛のときには、逆蠕動が起こりやすいとは、胃の中のものが
逆流して食道に行くと言うことです。

 

さて、大変お待たせしました
ここからは、どこにも書いていないので(たぶん)、私の持論で書かせて
頂きます。

 

胃腸の蠕動運動とは、どのように起きているのか?

 

それは、決して自分で胃腸を動かそうと思って動かしているのではありま
せん。内臓すべてに、それが言えます。心臓も自分で意識して動かす事は
出来ません。

 

では、それを動かしているのはどこか
それは「脳」であり「自律神経」が胃腸の蠕動運動を支配しているのです。

 

つまり、頭痛が起きている時には、自律神経の異常も同時に起きます。
それが切っ掛けで、逆蠕動を引き起こすのです

 

では、よく聞く自律神経ってどこにあるのでしょうか?
それは、「脳から背骨を通る脊髄神経」のことなんです。

 

ですから、骨格の矯正をすると自律神経まで整えられるのは、それが理由
なんです。

骨格矯正し、筋肉のこりをやわらげ、血液の流れを良くし、自律神経を整
えると、頭痛も吐き気も嘔吐も無くなります。

 

大阪府の病院、頭痛外来、脳神経外科、神経内科でも治らない頭痛もお任せ下さい!

頭痛改善率90%以上の頭痛専門整体&カイロプラクティックコースがある
京阪本線守口市駅前
京阪百貨店前、ホテルアゴーラと守口市民体育館の間のビル
テルプラザ(西友)2階

大阪府守口市の整体&カイロプラクティック
総合整体サロン ブリス

営業時間
平日:9:00~19:00
土・日:9:00~17:00
定休日:水曜日

*2日前までにご予約ください
06-6992-1115

大阪府、東大阪市、大東市、門真市、寝屋川市、枚方市、堺市、高槻市、交野市、
吹田市、などから多数来院して頂いています。



上半身の不調 下半身の不調 その他 連絡先 ※ここをタップすると電話をかけられます!
大阪市守口市のブリス >  片頭痛(偏頭痛) > 頭痛の時に吐き気がする