院長プロフィール完全版

私はあなたとの信頼関係が改善への近道だと考えています。

「近いし、良さそうだから行ってみよう!」と思うのと、「ブリスのこの先生を信じてみよう!」
と思うのでは、どちらの方が治癒力が高まると思いますか?

信じられないようなお話かもしれませんが、後者の方が治癒力は断然に高まります。

あなたが来院する前に、少しでも私に心を開いて頂ける様、先に私の事を正直に書かせて頂きます。

名前

竹谷 茂隆 (たけたに しげたか)

出身

大阪府守口市

現住所

大阪府枚方市

生年月日

1969年(昭和44年)2月11日

血液型

A型

家族

嫁と娘一人

宝物

嫁と娘、日本製最高級矯正ベッド

一番楽しい時間

娘と一緒に過ごすとき

好きなもの

浜田省吾(省吾ファンの方は、ご自身のお好きなCDやMDをお持ち頂ければ、施術中のBGMにさせて頂きます!私も、ノリノリになるかも^O^、動物(犬とかパンダとか)、アウトドア、バーベキュー、キャンプ、テニス、餃子、焼き鳥、串、うどん、その他麺類、整体・カイロプラクティックの勉強、などなど

苦手なもの

冬(寒がりです;_;)、香菜(全く食べれません*_*)

性格

生真面目です^^;。真面目過ぎるとも言われます+_+。曲がった事が、大嫌いです^^;もう少し、柔らかくならないとね^^;

結婚式の乾杯の挨拶の時にも,、「言葉は悪いですが、こいつは”くそ”がつくほど真面目な男ですから・・・」と言われました^^;

略歴

大学卒業後、家電量販店勤務。その後、海外勤務、外資系商社での営業など。立ち仕事、デスクワーク、海外出張、海外駐在、長距離運転など経験していますので、皆様のお仕事状況から、ある程度はお身体のどこに影響を与え易いかが想像出来ますよ!

頭痛ゴッドハンドセラピスト協会会員

頭痛ゴッドハンドセラピスト協会 代表

総合整体師会会員

総合整体師会認定 総合整体健康指導師 整体師

J.C.R.A(日本カイロプラクティックリサーチ協会)会員

J.C.R.A認定カイロプラクター

整体

総合整体学院 プロコース卒業

カイロプラクティック

シオカワスクール オブ カイロプラクティック ガンステッド学部卒業

生い立ち

大阪市旭区の病院で長男として生まれました。育ちは守口市で、37才まで守口市民でした。現在は枚方市に住み、嫁と娘が一人います。

子供の頃

私が子供の頃は、第二次ベビーブームで、クラスは7~9クラスありました。当時、男の子の遊びと言えば野球!父が野球好きの影響もあり、少年野球をしていました。

その頃は、公園に行けば勝手に知らない者同士で、野球の試合が出来たものです。しかしながら、私は父のように上手くプレーする事は出来ず、小学生で野球は止めてしまいました。

そんな中、はっきりと覚えているのですが、アメリカに従兄弟がいたせいか、小学5~6年生の頃の夢は「通訳になりたい」と考えていました。

中学の時は、軟式テニス。高校では帰宅部。スポーツは駄目でしたね・・・。 しかし、大学受験の時にただ一つ一貫として目指したものがありました。それは「通訳になる」です。小学生の頃の夢が、まだ残っていたのでした。

大学生時代

大学は、進学希望だった外国語学部に進む事が出来ました。しかし、実際の授業で挫折を味わいました・・・。

同時通訳の授業で、同時通訳が出来る会議室を利用した練習がありました。その際に、「あ・・・、これは無理や・・・」と、あっさりと通訳者の夢を諦めました。

他にも、観光通訳やツアーガイドなども考えましたが、結局、学生時代にアルバイトしていた接客の仕事が楽しく、某大手家電量販店に就職しました。

就職

しかしそこでは、英語が話せると言う事から、海外商品担当として、商品の輸入を行い、通信販売で商品を販売していました。その後店舗に移動し、約4年半を過ごしました。そこの会社に不満があった訳ではないのですが、これがラストチャンス?と思い、話を頂いた日系香港企業に転職する事にしました。

香港と中国に移住

中国に工場を持ち、香港に本社を持つ日本人社長に、何故か?私は気に入られて就職させて頂きました。後から分かったのですが、社長と私の誕生日が同じだったんです。もし違ったら、採用されていなかったかも?

香港は元々イギリス領で、英語教育がされており、多くの香港人は英語を話す事が出来るのです。そこでは、子供の頃から夢だった英語での生活が待っていました。社内でのコミュニケーションは英語で行い、文章も全て英語でした。やっと、本当の意味での英語を勉強していた事が報われました。

海外に住む事になったのは親不孝かもしれませんが、無理を言って希望の外国語学部に入学し、通訳ではないですが、大学で学んだ事を先の会社、そして次の会社でも武器にする事が出来たので、少しは恩返し出来たかな?それと、両親に感謝ですね。

しばらくすると中国工場駐在が決まり、今度は中国語の勉強にも励みました。毎日、工場の仲が良い中国人に中国語を教えてもらいながら、日々上達させました。 香港、中国に滞在していた時には、肩こりが激しく、頻繁にマッサージを受けに行っていました。あとあとに続く話でしょ?

そんなこんなで海外生活を辛くも楽しく過ごしていたのですが、自主廃業が決まり、帰国する事になりました。

帰国

あても無く、次の就職先を探していると、外資系の会社で営業職募集していました。私は、それまで仕入れがメインでしたので、是非、営業の仕事をしたくて入社しました。

そこでは、会社の立ち上げから関わり、ゼロからみんなで作り上げました。移動は車がメインで、北陸、中国、四国を回っていました。 しばくすると、腰の痛みや首の痛み、何か分からない身体の不調が出てきたのです・・・・。

そこで、整形外科、整骨院に通い始めました。

退社

残念ながら、「この会社もあかんな・・・」と思い始めていたのですが、次に何かをしたいわけでも無かったので、ずるずる過ごしていました。

しかし、自身で受けた整体、カイロが気に入り、自分が癒す立場になりたいと考えて、退職しました。やはり、私が退社した半年後に、そこも廃業しました。

整体師への道

首の痛みが切っ掛けでした。

一番の切っ掛けになったのは、自分の身体の不調からでした。私の一番の不調というのは、首痛でした。原因は恐らく、18歳の時にバイク事故を起こし、その際に首がムチウチになった事が考えられます。その際には、整形外科に通院し、痛みは無くなりました。

*今まで数十人の先生に診てもらって来ましたが、しっかりとしたカウンセリングが行われていないので、これが原因と言った先生は誰一人居ませんでした・・・。原因不明、或いは原因を究明せずに施術を行われていました。 残念ながら、これが現実です・・・。皆さんも、「何で痛いのか?」の理由を知りたくないですか?しかし、たった一人、施術どころか会った事の無い知り合いのカイロプラクターのみが、「それが原因だ!」と指摘してくれました。  

その次に首痛が出たのは、数年後。その際は、原因が分らず、寝違えの強いものかな?ぐらいでした。その際は、毎日のように約2ヶ月間整骨院に通い、痛みが無くなりました。しかし、次がひどかった・・・。  

その1年後ぐらいに、また首痛が始まったのです。約2ヶ月間整骨院に通いました。それでもダメなので整形外科に通い、週に2~3回、約2ヶ月間リハビリを繰り返しました。それでもダメなのでMRIで撮影。その後医師からこう言われました。

何の説明も無く「もう治らない」です。私には、もうどうする事も出来ないのか?このままずっと、この痛みを持ったまま生活しなければならないのか?たった一言、原因、診断もせず「治らない」の一言で片付けられ、もう、その時から病院(医師)不信が始まりました。 

私は「治らない」ではなく、「お前が治せないだけちゃうんか?お前が無能なんちゃうんか?医師やろ!職務放棄か!」と心の中で叫びました。そう言っても始まらないので、また整骨院に通い始めました。  

そして、その先生から「週に2~3回、約4ヶ月通いなさい」と言われて、もう痛くて仕方ないので、信じて出来る限り通いつづけました。そして、約4ヵ月後。「よし。もう終わろう!」私は、「?」でした。確かに、最初の予定通りですが、私の首の痛みはまだまだ残っているたのです。しかし、それも聞かずに「治療終了」との事。

今まで信じて通って来た、時間、お金は何だったのか?と考えると、ほんと悔しかったです。結局、約8ヶ月間整骨院、整形外科に通ったにもかかわらず、未だ痛みが取れなかったのです。

始めてのカイロ治療

そこで、考えたのが整体やカイロプラクティックです。

正直な所、多くの方々と同様に?保険が適用されないので、行くのをためらっていました。「1回5千円」が異常に高く思えて仕方無かったのです。既に、約8ヶ月間で10万円弱を使っていましたし。  しかし、そうも言っていられないので、インターネットで探し始めたのです。

すると・・・、色々な施術院に混じって、学校もヒットしたのです。「えっ?整体やカイロって、今からでも勉強出来るの?」全く、考えもしなかった事でした。丁度、その時勤めていた会社に見切りを付けようと考えていたので心が揺れたのでした。しかし、それより何より、自分の身体を治したかったので、あるカイロ院に行きました。

初めてのカイロ院でした。すると・・・、「何なんだこれは?」と思いました。まず、一番の違いが、痛い部分だけでなく、全身の調整をしてくれたのです。また、施術方法も全く違うし、時間も1時間ぐらい掛かりました。そして、何より・・・、「効果」です。1回で首の痛みがかなり和らいだのです!「これがカイロか!これが保険適用外の治療か!」、「今までの約1年間の苦しみは何やったんや!」と驚きました。そして、この世界により興味を持ち始めたのです。

より深い世界へ

その後、何軒かの整体院やカイロ院に通い、色々な考え方、施術方法がある事が分りました。中には、何回か通っても全然効果を感じられない所が有ったのも事実です・・・。  

自身の身体は、まだ回復していなかったのですが、整体、カイロの道にどんどん引かれて行ったのです。そして、遂には「これはすばらしい仕事だ!自分と同じように、整骨院や整形外科で治らず苦しんでいる人達を、少しでも早く楽にしてあげられたら、どれだけすばらしいことか!」と考えるようになって来ました。これらが、私が整体師への道を歩き始めた切っ掛けでした。

整体学校決定

 さて、整体、カイロの道に進むことを決めたのでですが、次に考えたのが学校選びです。

雑誌を見て、色々ある所から数校選んで、資料を取り寄せたり、説明会に行ったりしました。そこで、私が重視したのが、やはり「実際の施術」でした。

そこの学校の卒業生や先生が行っている施術を実際に受療して、カウンセリング方法、施術方法、効果、などを見極めました。  

そして、最後に行き着いたのが、「ここの施術が一番気持ちえ~」、「卒業生が営む、何処の整体院で受けても満足が行く」、「心・食・体の考えに共感出来る」などから、総合整体学院で学ぶことを決めたのです。

授業料は高かったな~。最近、安く、短期の所が増えているので、受療者に怪我をさせないか、心配です・・・。ここまでが、整体師になる事を決めた切っ掛けと学校を選んだ切っ掛けです。

本物のカイロプラクティックとの出会い

 本来、私は、整体よりもカイロを勉強したかったのです。しかし、色々なカイロ学校の見学や治療を受けても、私がやりたいカイロではありませんでした。そこで、ある意味仕方無く整体を学びました。

私がイメージしていたカイロとは、テレビで見ていた(恐らく塩川先生とか、そのクラスの先生?)カイロでした。しかし、実際に色々なカイロ学校やカイロ院で行われているのは、それとはほど遠いものと感じていました。

私は既に整体を行っていたのですが、あるカイロプラクターから「シオカワスクールは良い」、「ガンステッドテクニックは凄い」と聞きました。 まだ私の首の痛みがあったので、実際にガンステッドテクニックを行っている先生の所に行き、治療をしてもらうことにしました。すると・・・。

「これや!やっと見つけた!」 私がテレビで見た、憧れのカイロプラクティックでした。それが、ガンステッドテクニックだったのです。すばらしいアジャスト(ボキ!)に、度肝を抜かれました。

丁度、整体だけでは施術の限界を感じていた頃で、その先生に本物のカイロプラクティックを教えてもらうことになりました。

一生勉強

この世の中は常に進歩しています。医学も進歩しています。この業界でも、色々な施術方法が発表されています。

一生勉強を掲げ、より知識・技術を身に付ける為に現在も勉強しています。

父の死

退職し、整体学校に通い始めて間もない頃、父の末期の肺がんが分かりました。

私は結構、自由気ままに生活をさせて頂きました。その為、一人暮らしの期間も長く、ほとんど親孝行も出来ていませんでした。

しかし、丁度、仕事を退職した頃だったので、頻繁に病院に行く事が出来ました。また、最後の日にも、いままで言えなかった事。

「今までありがとう」

と、はっきりと言えた事は、せめてもの親孝行が出来たと思っています。

不思議なものですね。入院が分かっていたから退職したのでは無いのに、丁度、最後の半年はゆっくり一緒に過ごせました。でも、もっと一緒に過ごさないといけなかったんでしょうね・・・。

私は、一つ悔いが残っています。それは、私が父に整体をしてあげられなかった事。まだ習い初めで、全く出来なかったのです。

しかし、痛みで苦しんでいる中、学校で習った外気功を父に行った夜は、ぐっすり寝れたそうです。その事を師匠の一人である、気功を教えてもらったW先生に、私は泣きながら話して、御礼を言いました。W先生は、私をそっと抱きしめて「良かったな」と言ってくれました。

父の死と私が退職して整体の道に入った事。これは、リンクしているように思えるのです。

父、父がお世話になった方々、気功を教えてくださった総合整体学院のW先生、全ての人に感謝します。

私はこのHPを通して、自分の人生をも表現して行きたいと考えています。このHPは、私自身です。

何らかのご縁で、このHPをご覧頂いているあなたへ、感謝致します。


はじめての方への最新記事
連絡先 ※ここをタップすると電話をかけられます!
大阪市守口市のブリス >  はじめての方へ > 院長プロフィール完全版