頚椎ヘルニア、頚椎症(頚椎症性神経根症)薬は何が処方される?

著者
頭痛ゴッドセラピスト協会 代表
総合整体サロン ブリス 院長
竹谷茂隆
詳しいプロフィールを見る

頚椎ヘルニア、頚椎症(頚椎症性神経根症)薬は何が処方される?

先ずは、ざっとお話しさせていただきます。*私は、医師でも薬剤師でもありませんので、HPからの情報と臨床を基に、お話しさせていただきます。

・ロキソニン、ボルタレン
・メチコバール(ビタミン剤)
・ミオナール(筋弛緩剤)
・リリカ、プレバガリ
・タリージェ
・サインバルタ

などが、代表的なもとなります。

今回は、一つ一つの詳しい説明は省かせていただき、簡単に説明させていただきます。

ロキソニン、ボルタレン
皆様も良くご存知の通り、痛み止めです。よく処方されます。
 

メチコバール
ビタミンB12です。これは、神経の回復を促します。市販のビタミン剤との違いは、含有量です。ですので、処方されたものが無くなったからと言って、市販のものを買うのは全く異なります。

ただ、しびれがある場合に処方されるのですが、これを飲んだから言って、しびれが治ることは少ないようです。
 

ミオナール
筋弛緩剤。これも、とてもマイルドです。よくドラマとかである筋弛緩剤を打つと動けなくなるなど、通常の服薬では無理ですので、すごくマイルドです。続けて服用することにより、効果が出て来ます。

これは、頚椎ヘルニア、頚椎症性神経根症の方以外にも、首こりや肩こりの人にも処方される薬です。しかしながら、病院に行くほどこりが辛い人が飲んでも、効果は薄いようです。
 

リリカ、プレバガリン。タリージェ。
リリカ、プレバガリンは、名前が違えど同じです。疼痛治療剤(神経障害性疼痛・線維筋痛症)。
タリージェは、末梢性神経障害性疼痛治療剤。

リリカ:中枢神経系、末梢神経系に作用。
タリージェ:末梢神経系に作用。

リリカの方が幅広いですね。
 

サインバルタ
セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤。うつ病。糖尿病性神経障害、線維筋痛症、慢性腰痛症、変形性関節症。

当院に来院される方は?

当院に来院される方には、全員からどのような薬が処方されているか聞いています。そのほとんどが、上記のどれかの組み合わせです。

私が思う一番多い組み合わせは、ロキソニンとリリカです。リリカのみと言うのも多いです。人により、リリカは副作用(眠気、倦怠感、吐き気など)がきつく出る方が居るので、様子を見ながら少しづつ増やすことが多いです。

最初から、「薬を飲むのは嫌だから飲んでいない」と言われる方もいますが、医師から処方されている以上、その指示に従い服用をするほうが良いでしょう。

そして、当院での通院を重ね、症状の軽減が進むにつれ、主治医に相談してもらい、減薬の相談をしてもらっています。

ユーチューブ動画は、こちら


「頚椎ヘルニア、頚椎症(頚椎症性神経根症)薬は何が処方される?」


連絡先 ※ここをタップすると電話をかけられます!
大阪市守口市のブリス >  頸椎ヘルニア・頸椎症 > 頚椎ヘルニア、頚椎症(頚椎症性神経根症)薬は何が処方される?