膝(ひざ)を打撲して水がたまりぶよぶよの大阪市北区の方


膝(ひざ)を打撲して水がたまりぶよぶよし、大学病院で「手術するしかない」と、言われた大阪市北区の方が整体&カイロプラクティックに来院

施術前
膝の水
打撲でぶよぶよ

とても大きく膨らみ、水が溜まってぶよぶよしています。
 

施術後
膝を打撲
膝の水がぶよぶよ

関節の調節をし、水を中に戻しました。
*何回か繰り返す必要があります。
 

膝を打撲すると、水が貯まることがあります。特に多いのは、自転車でこけて膝を打ったりすること。膝の周りに水が貯まり、触るとぶよぶよしています。

整形外科での対応では、貯まった水を抜きます。しかしながら、よく言われるのが「水を抜くとクセになる」。このクセになるというのは、抜いても抜いても水が貯まるのでそう言われるようです。では、なぜ水が貯まるのでしょうか?それは、「膝が必要としているから」です。
 

少し話は違いますが、やけどの後の水ぶくれもつぶしてはダメだと言われていますよね。やはりそれも、皮膚の再生を促すので水ぶくれが出来るのです。
 

ひざ関節
膝が痛い

打撲などで負傷した膝が、治そうとして膝に水を貯めるのに、それを抜くと「必要だからまた水が貯まる」 んですよね。これらから当院の対応としては、先ず間違いなく膝関節に歪みが生じていると考え、足の指先から全体を調整します。

そして、水に関しては、関節内に戻すようにぶよぶよした部分を押さえながら調整します。何回か繰り返すと、関節が安定し、水も貯まらなくなります。つまり、関節に歪みがあるのに、水を抜いてもダメです。

整体&カイロプラクティック来院前

自転車で転んで右ひざを打撲し、膝に水がたまりぶよぶよした状態で大阪市北区から来院された42歳女性の改善例です。*上の写真の方です。

自転車で転んで右ひざを打撲し、その後水が貯まって来たので、整形外科にて水を抜き、炎症止めの注射を行いました。さらに、膝を固定されました。その後、良くならずで大学病院に行くと、固定を止めて、運動をするように指示され、様子を見るように指示されました。
 

しかし、動かすとだんだん水疱が大きくなり、現在では座って脚を90度にした状態で横から見ると、膝蓋骨(膝のお皿)の上に1.5センチぐらいのこぶ状態になりぶよぶよしている。

再度大学病院に再診で行くと、前回の先生とは違う先生 で、「手術して切るしかない」と言われたそうです。
 
膝の痛み
*画像は、当院の患者さんのレントゲンの例

実際に触ってみると、ぶよぶよで、膝蓋骨と同じぐらいの大きさのコブが出来ていました。残念ながら、初回時にはあまり変化を出す事は出来ませんでした。

しかし、2回目後には完全に水が無くなり、「魔法みたい!」とビックリして頂きました。
 

「整体を受けに守口の整体&カイロプラクティック院ブリスに行く、 と家族に言うと、「え~!」と びっくりされ、2回で治った!と言うと、また「え~!」と驚かれました(笑)」と教えて頂きました。

そして現在では、ご家族全員でメンテナンス通院して頂いています。
 

膝に痛みに関するページは、こちらの膝痛のページをごらんください。

膝に水が溜まってぶよぶよの治療法

膝関節と言うのは、4つの骨が集まっています。

上は大腿骨(だいたいこつ)という太ももの骨で、下は脛骨(けいこつ)と腓(ひこつ)骨、そして、膝のお皿である膝蓋骨(しつがいこつ)、膝の蓋をする骨ですね。

そして、その大腿骨は上では骨盤と股関節を形成していますので、股関節や骨盤の検査と調整も必要です。

脛骨と腓骨は、下では内くるぶしと外くるぶしと呼ばれている骨で、足首を形成していますので、足首の検査と調整も必要です。
 
膝が痛い

整形外科などの病院や整骨院では、膝の痛みには膝に電器を当てたり、膝を温めたりなど、膝以外のことはあまり考えません。

しかしながら、当院の整体&カイロプラクティックでは、膝関節の上下、大きくは体全体を調整することにより、体全体のバランスを整えて膝の痛みを治して行きます。
 

これは、例えば右膝が痛い場合、それをかばう様に左膝や左股関節や腰が痛くなったりします。これを考え、足先から、足首、膝、股関節、骨盤、背骨を整体&カイロプラクティックにて矯正します。

もちろん、膝関節をメインに行うのですが、先ずは膝関節のゆがみをマニピュレーションと言う関
節調整法にて、ゆっくり骨を前後左右に動かして治します。この際に、ほとんど痛みを感じることはありませんし、痛ければ気軽にお知らせください。
 

膝の水に関しては、水が溜まっているところを直節指で押さえながら、水を関節の中に戻して行き
ます。まだ炎症が強い場合には、多少痛みがあることもありますが、強い痛みが無いよう、無理はしませ
んので、ご安心ください。

これらを何度か繰り返すと、体のバランスが整い膝への負担も無くなり、ぶよぶよした水も膝に溜まらなくなり、膝の痛みも無くなります。

今回のケース

手術をする前に来院されて、大正解でした。
 

1、自宅近くの整形外科では、膝の水を抜いて固定。

2、それでダメで大学病院に行くと、固定はダメ
  で、逆に動かした方が良い。

3、それでもダメで、大学病院の違う医師からは
  「手術して切るしかない」。

4当院の整体&カイロプラクティックに来院され
 て、改善しました。

あなたならどうしますか?

もし、3番の時点で手術を決断された場合、前回の記事こちらのようになってしまう可能性もあるわけです。膝に注射器を打って水も抜かない、膝の手術は最終手段。
 

あなたの膝の痛みや膝を打撲して水がたまりぶよぶよの膝も当院の整体&カイロプラクティックを試してみませんか?

全力であなたの膝の痛みを改善させます。

膝痛の施術料金

初回 (税別)9,000円のみ
2回目以降 (税別)8,000円 のみ

※初回は、1時間強の余裕を持って受療下さい。
※レントゲン費用は、別途提携医院にてお支払い下さい。
※当院では保険は使えません

口コミ評判
膝が痛い

頭痛ゴッドセラピスト協会 代表
総合整体サロン ブリス 院長
竹谷茂隆

膝の痛み、膝を打撲して水がたまりぶよぶよの膝も病院、
整骨院、鍼灸院(はり)、整体院、カイロプラクティック
に通っても治らない大阪、大阪市、門真市、寝屋川市、
大東市、堺市、高槻市にお住まいの方は、今すぐお電話
ください!

京阪本線守口市駅前
京阪百貨店前、ホテルアゴーラと守口市民体育館の間のビル
テルプラザ(西友)2階

大阪府守口市の整体&カイロプラクティック
総合整体サロン ブリス

営業時間
平日:9:00~19:00
土・日:9:00~17:00
定休日:水曜日

完全予約制ですのでお電話にてご予約ください
06-6992-1115



上半身の不調 下半身の不調 その他 連絡先 ※ここをタップすると電話をかけられます!
大阪市守口市のブリス >  膝の痛み(ひざ痛) > 膝(ひざ)を打撲して水がたまりぶよぶよの大阪市北区の方