ひどい腰痛の守口市の45歳女性が改善


著者
頭痛ゴッドセラピスト協会 代表
総合整体サロン ブリス 院長
竹谷茂隆
詳しいプロフィールを見る

ひどい腰痛の守口市の45歳女性が改善

【来院前】
毎月1回ぐらい、立てない程のひどい腰の痛みで、紙おむつで生活されていました。45歳の若さで、3人のお子様たちもいますし、家族に何もできず体だけでなく、精神的にも辛かったそうです。

何件か病院に行ったのですが、レントゲンを撮影してもどこも問題無いと言われ、「ぎっくり腰だから」と特に何かをしてくれるわけではありませんでした・・・。

そこで病院以外の方法は無いのか?とご主人が当院のホームページを見つけていただき、奥様に教えていただきました。
 

しかしながら、カイロプラクティックや整体を受けたこともなく、痛いんじゃないか?本当に治るのかな?と不安だらけだったのですが、このままではいつまでたっても変わらないので、思い切って来院されました。

 
【レントゲンの考察】
病院では問題ないと言われたそうですが、腰椎すべり症、脊柱管狭窄症の疑いを感じました。
「そりゃ、痛いでしょう・・・」と私の感想でした。

そして、患者さんに「これで痛く無いわけがない」とお話させて頂きました

脊柱管狭窄症

画像:この患者さんの実際のレントゲン画像
 

【通院後】
初回後には一時的に痛みが強くなり、「余計に悪くなった!」とも思われたそうですが、数日後には痛みがやわらいだのを実感して頂きました。

週に2回の施術を2ヶ月続け、その後1週間に1度に伸ばし、3進1退ぐらいで徐々に改善して行きました。

通院途中に、動けないような痛みが出ることもありました。しかしながら、通院を止めても次の方法があるわけでもなく、頑張って通院してくれました。

そして、半年後には寝込むようなことはなくなり、普通に生活が出来るようになりました。
 

【今回の対応】
「痛みの原因が分かっただけでも、涙が出るほどうれしかったんです」と言われていますが、これだけ痛いのに原因が分からないと不安で仕方ないんですよね。

つまり、原因が分からないなら対処しようがないわけです。それを今回はレントゲンを撮影することにより、見つけることが出来ました。
 

【この患者さんとの特別な関係】
最初の来院から平成27年の現在、既に7年以上になります。未だに何かあれば、私を頼って来てくれます。

この7年間、患者さんにとっては本当に色々なことが有り過ぎるぐらいにありました。

もちろん大きな出来事のすべてを知っているわけではありませんが、教えていただいたことだけでも波乱万丈の生活です。
 

そんな患者さんをこの仕事で僅かながら、そして大きくお役に立てれたことをとても嬉しく思います。

当院を見つけてくれた旦那様に心よりお礼申し上げます。

患者さんの声はこちらをご覧ください。




京阪本線守口市駅前
京阪百貨店前、ホテルアゴーラと守口市民体育館の間のビル
テルプラザ(西友)2階

大阪府守口市の整体&カイロプラクティック
総合整体サロン ブリス


連絡先 ※ここをタップすると電話をかけられます!
大阪市守口市のブリス >  脊柱管狭窄症 > ひどい腰痛の守口市の45歳女性が改善