右腰の痛みと足のしびれ(脊柱管狭窄症、すべり症)で寝屋川市から来院


著者
頭痛ゴッドセラピスト協会 代表
総合整体サロン ブリス 院長
竹谷茂隆
詳しいプロフィールを見る

右腰の痛みと足のしびれ(脊柱管狭窄症、すべり症)で寝屋川市から来院

【来院前】
寝屋川市の病院にて、腰椎すべり症、脊柱狭窄症と診断されたそうです。

症状としては、右腰が痛く、右足のしびれもありました。

駐車場から職場までのわずか100メートルの距離ですら、痛みとしびれに苦しんでいました

病院では血流を良くする薬と痛み止めをもらっていましたが、効果は全くなく、当院ではレントゲンを撮影して整体とカイロプラクティックを行うとのことで選んで来院して頂きました。
 

【レントゲンの考察】
確かに腰椎すべり症、脊柱狭窄症はありましたが、幸いにもまだ軽度でした。

狭窄症レントゲン

画像:狭窄症の例
 

【通院後】
来院ごとに変化と改善を感じて頂き、5回目には症状は3~4割ぐらいまでに減りました。

その後も施術を続け、時には後退することもありましたが、10回終わるころには、ほぼ気にならないぐらいまでになっていました。

今後は月に1回のメンテナンス通院をして頂きます。
 

【今回の対応】
しびれが出てからまだ2ヶ月とのことだったので、改善が出来ました。そして、腰の痛みと足のしびれの法則があります。
 

一番治りやすいパターン
1、腰の痛みと足のしびれがある
2、足のしびれが弱くなるが腰の痛みは変わらない
3、足のしびれが無くなり、腰の痛みだけ残る
4、腰の痛みも無くなる

次に治りやすいパターン
1、腰の痛みと足のしびれがある
2、腰の痛みが弱まり足のしびれは変わらない
3、腰の痛みは無くなり、足のしびれが弱くなる
4、足のしびれがなくなる

中々治らないパターン
腰の痛みは無く、足だけがしびれている
 

今回の患者さんは一番治りやすいパターンで、回復して行きましたので順調に改善出来ました。

しびれはとても厄介で、よく医師が言うのですが、「手術で痛みは取れてもしびれは残る」と言われます。

しびれは、発生したら時間が勝負だと感じています。

「もう少し様子をみよう」が結果的により治癒を妨げます。

しびれが1週間以上続いたら、とにかく早めにお電話下さい。
 

寝屋川市から急行で次の駅(約5分)
京阪本線守口市駅前
京阪百貨店前、ホテルアゴーラと守口市民体育館の間のビル
テルプラザ(西友)2階

大阪府守口市の整体&カイロプラクティック
総合整体サロン ブリス


連絡先 ※ここをタップすると電話をかけられます!
大阪市守口市のブリス >  脊柱管狭窄症 > 右腰の痛みと足のしびれ(脊柱管狭窄症、すべり症)で寝屋川市から来院