引っ越し作業で腰を痛め、股関節まで痛くなった大阪市東淀川区の方


著者
頭痛ゴッドセラピスト協会 代表
総合整体サロン ブリス 院長
竹谷茂隆
詳しいプロフィールを見る

引っ越し作業で腰を痛め、股関節まで痛くなった大阪市東淀川区の方

腰痛あるある

・引っ越しで荷物を持って腰の痛みが強くなった
・腰が痛くなった辺りから、股関節もいたくなった

これらは、当院でもよく聞くお話です。

もともとお仕事や何らかの原因で腰痛があり、重い荷物を持ったり、重い荷物を運んだり、引っ越し作業などを切っ掛けで、より腰を痛めることが多いです。

では、なんで腰痛なのに股関節までが痛くなるのか?

これにはいくつか原因があります。
 

・腰を痛める事により、体のバランスを崩した歩き方を
 するため
・腰を痛める事により、腰骨と骨盤、太ももの骨(大腿骨)
 に繋がっている腸腰筋 (ちょうようきん)、いわゆる
 インナーマッスルが硬くなり、股関節に痛みが起きる

ですので、腰を痛めてから股関節が痛くなるかたはとても多いんです。

今回は、腰と股関節が痛い大阪市東淀川区の女性53歳の臨床例です。

整体&カイロプラクティックに来院前

以前から腰が痛くて、5年前と2年前ぐらいにぎっくり腰をしたことがありました。それが、約1年前に引っ越し作業で荷物を持ったり、運んだりして以来、腰の痛みがより強くなりました。

特に、前かがみや寝返りの時に痛みが強くありました。
 
腰痛

また、腰の痛みが強くなってから、股関節にも痛みを感じるようになりました。病院でレントゲンを撮ってもらうと、腰痛すべり症をいわれたそうです。

そこで病院のリハビリに通いましたが効果はなく、整骨院はり(鍼灸)に通いましたが改善されませんでした。

これらの経緯から、整体&カイロプラクティックに来院されました。

カイロプラクティック的レントゲン分析

腰椎分離症は無いのですが、確かにすべり症があります。そして、骨に変形も無く、椎間板もしっかりあり、股関節もきれいでした。

今回は難題です。

病院のリハビリでは、腰のけん引が効果がありそうな感じですが、それも効果は無かったとのこと。整骨院ではりでもダメだった。それでも、当院で改善される方は多いのですが、なるほどこれは難しい。

今回は、どれを基準にすべっているかを判断するのが難しかったです(この点は説明が複雑になるので、流してください)。

整体&カイロプラクティックに通院後

二つのパターンを考えてすべり症を改善するように整体&カイロプラクティックにて矯正しました。

また、股関節の痛みの原因となる腸腰筋(インナーマッスル)もしっかりゆるめました。
 
インナーマッスル

今回は、かなり時間が掛かりました。

週1回の施術を約5ヶ月続け、その後はメンテナンス通院に変えました。

今回のケース

今回、改善するまでに長引いたのは、骨格以外にもう一つ可能性があったのが心理的要因。

つまり、心因性腰痛です。

これだけ骨が綺麗で、椎間板もきれいな場合、すべり症があるとしても、そこまで痛いようには考えられません。また、引っ越して来てからと言うのもありますから、慣れ無い土地を心理的に受け入れにくいのかもしれません。
 

引っ越し後の腰痛や体の痛みや不調は、心理的要因もあるかもしれません。

少しづつでも、その土地の楽しい部分を探して、受け入れて行くと、それと共に体の不調も改善することがあります。
 


病院

大阪市東淀川区から自転車で豊里大橋を渡って来院される方や、車や地下鉄で来院される方が多いです。

バスは、数は少ないですが大阪市東淀川区を通る、吹田駅から守口市駅行きの京阪バスがあります。

京阪本線守口市駅前
京阪百貨店前、ホテルアゴーラと守口市民体育館の間のビル
テルプラザ(西友)2階

大阪府守口市の整体&カイロプラクティック
総合整体サロン ブリス


股関節痛 // 腰痛の最新記事
連絡先 ※ここをタップすると電話をかけられます!
大阪市守口市のブリス >  股関節痛 > 引っ越し作業で腰を痛め、股関節まで痛くなった大阪市東淀川区の方